HOME > 日本の刺青の歴史

日本の刺青の歴史

海外でのタトゥーの意味

海外や、国内でもファッションとして普及しつつあるタトゥー・刺青ですが、日本では快く思わない人も多いです。これはなぜなのでしょうか?それは日本国内の刺青の歴史に起因します。
自由の国アメリカではその国民性からタトゥーは個性として扱われ、それほど偏見はありません。 ヨーロッパなどでも恋人同士の永遠の愛の証として、ニュージーランドでは勇敢な戦士の証として、 北アフリカなどでは成人男性の証としてのタトゥーなどがある。

日本で刺青を入れる最も有名なもの

古くは刺青は奈良時代にはもはや刑罰の一つとして取り入れられています。 さらに江戸時代には罪人に刺青を入れ、地域によっては刺青の内容も異なっていたようです。 例えば、和歌山では罪人の腕に「悪」と刺青を彫り、見せしめの対象とした他、何度も犯罪を繰り返す罪人には、 罪を重ねる度に「一」、「大」、「犬」といった文字を額に入れていたといわれています。
その後1872年に刺青刑が廃止され、その後は刺青を彫るという行為が禁止されていきます。

刺青=暴力団?

明治になって刺青が禁止されるようになっても暴力団の社会では刺青が廃れる事はなく、むしろ帰属組織への忠誠を示す為の印として使われていました、そこから年配の方などには刺青=暴力団というイメージができたと考えられます。

日本でも刺青=悪ではない風習も

明治時代に刺青が禁止されるまではアイヌの成人女性は口の周りに刺青をするという風習があった。 その意味合いは諸説ありますが・男性のひげを模した・出産の痛みの予行練習・神聖といわれる蛇の頭を模したなどがある。
ほかにも九州地方では魔よけや健康祈願の意味合いで刺青をする習慣もあったそうです。

除去方法の施術一覧

  • レーザー
  • 切除・縫縮
  • 剥削
  • 植皮
  • クリニック案内
  • 料金案内
  • 交通案内
  • tatoo消したい理由
  • 日本の刺青の歴史
  • レーザーでタトゥーが消える仕組み
  • 切除・縫縮治療で知っておいて欲しい事
  • タトゥー禁止の表示守らないとどうなる?
  • タトゥーの代用イロイロ
  • タトゥーの代用イロイロ
  • タトゥーの代用イロイロ
  • タトゥーの代用イロイロ
  • タトゥーの代用イロイロ
  • よくあるご質問
  • モニター募集
  • 採用情報