HOME > 海外でのタトゥーの反応

海外でのタトゥーの反応

日本国内ではタトゥーや入れ墨はあまり印象が良くありません。
海外では、ファッションなどであれほど認知されているのに、 そう思っていらっしゃいませんか? 海外の全ての国がタトゥーに対して寛容かといえばそうではないようです。
特に厳しいのがフィリピンです。 フィリピンは入国時にファッション的な要素のタトゥーであっても発見されれば入国を拒否されます。 しかも、強制送還も自費で戻らなければいけないというほど厳しいです。

また、アメリカも厳しく、隠れていれば平気かもしれませんが、入国審査時に肌からタトゥーが見えていて、受け答えが正確ではなかった場合最悪アメリカでも入国を拒否されてしまう可能性があります。
しかも、アメリカの場合、入国審査の情報は半永久的に記録されるので、次回入国時も必ずスムーズに入国させてくれないというオマケ付きです。

イギリス

タトゥーにたいして寛容なフランスの近隣だけに意外かもしれませんが。 イギリスは中流階級以上の家庭ではあまりタトゥーは見受けられず アーティストや芸能人意外は好ましくないものとされています、 なんとなく日本と同じような印象ですね。

香港

香港は犯罪組織に対する取締りが厳しい為、日本人のタトゥー=暴力団といったイメージをもたれています。 ファッションであったとしても図柄によっては反社会精力と判断され、逮捕されるなどの場合もあるそうです。

韓国

韓国の場合は、兵役を逃れる為にタトゥーを入れる人がおり、摘発される場合もあるとか。

5人に1人はタトゥーをしていると言われるアメリカは寛大なイメージがありますが、警察官の場合でも、制服着用時は見えないようにしなければいけなく、海兵隊などはタトゥーに制限がある。
アメリカでも芸能人やアスリートの影響でタトゥーと入れる人が多いが、 刑務所に入っている人間の9割がタトゥーをしているという統計があるように、犯罪者とのイメージがやはり強く、 就職サイトの調べでは、ピアス、口臭を抑えてタトゥーが採用・昇進の障害になるものとして選ばれている。

除去方法の施術一覧

  • レーザー
  • 切除・縫縮
  • 剥削
  • 植皮
  • クリニック案内
  • 料金案内
  • 交通案内
  • tatoo消したい理由
  • 日本の刺青の歴史
  • レーザーでタトゥーが消える仕組み
  • 切除・縫縮治療で知っておいて欲しい事
  • タトゥー禁止の表示守らないとどうなる?
  • タトゥーの代用イロイロ
  • タトゥーの代用イロイロ
  • タトゥーの代用イロイロ
  • タトゥーの代用イロイロ
  • タトゥーの代用イロイロ
  • よくあるご質問
  • モニター募集
  • 採用情報