HOME > 剥削

剥削

剥削によるタトゥー除去

剥削によるタトゥー除去はタトゥーを彫った部位の皮膚表面を専用の機器で「削る」ことで、タトゥーを消す方法です。 切除ではカバーできない広範囲のタトゥー除去に向いています。
施術は局所麻酔を用いて行い、施術時間はタトゥーの範囲により異なりますが30~120分程度になります。 治療後は、タトゥー自体は消すことができますが、火傷のような跡が残ります。

剥削によるタトゥー除去イメージ

タトゥーの部分を専用の機器で削り取り、皮膚が出来るのを待ちます。
軟膏処置を行い1ヶ月程度ガーゼ交換が必要です。

剥削が向いているタトゥー

・ タトゥーの範囲が広範囲
・ 出来る限り早く消したい
・ 患部が1ヶ月程度安静に保てる

剥削のメリット

カラーが入ったタトゥーも、除去することが可能です。
1回の治療で広範囲に効果を得られるため、急いでタトゥーを消したいという方に適しています。

剥削のデメリット

タトゥーの形跡は消えますが、火傷のような治療跡が残ります。
皮膚が出来てくるまで週に一度程度の通院が必要です。

剥削のダウンタイム

皮膚が出来上がってくるまでの1~3ヶ月程度、皮膚をガーゼなどで保護する必要があります。

除去方法の施術一覧

  • レーザー
  • 切除・縫縮
  • 剥削
  • 植皮
  • クリニック案内
  • 料金案内
  • 交通案内
  • tatoo消したい理由
  • 日本の刺青の歴史
  • レーザーでタトゥーが消える仕組み
  • 切除・縫縮治療で知っておいて欲しい事
  • タトゥー禁止の表示守らないとどうなる?
  • タトゥーの代用イロイロ
  • タトゥーの代用イロイロ
  • タトゥーの代用イロイロ
  • タトゥーの代用イロイロ
  • タトゥーの代用イロイロ
  • よくあるご質問
  • モニター募集
  • 採用情報